製品紹介

Product

AOIプロテクトU工法

カテゴリ名

舗装用目地材

施工例

用途

1.高機能床版防水における基層端部への注入
2. アスファルト舗装とコンクリート舗装の隙間充てん
3. 専用機械を用いてユニボンド3200HSを基層舗装と高欄壁の空隙に注入する工法

特徴

●仕上がりが良好
ユニボンド3200HSは自己水平性タイプのシーリング材ですので、注入後に平滑になります。表面仕上げを必要としない為、作業性も良好です。

●接着性・止水性が良好
端部ウレタン系防水材とアスファルト舗装(基層)の両方に接着しますので、硬化後に隙間がなく止水性が良好です。

●耐候性に優れる
自社独自の配合により紫外線や雨水等による耐候性も良好です。

●構造物の延命化
ユニボンド3200HSを充塡する事により、雨水の浸透を防止する事ができますので、雨水によるコンクリート構造物劣化の抑制にも繋がります。

●施工が簡単
バインダーと硅砂を混合※し、専用機械を用いて隙間に注入してきます。複雑な機械を必要としませんので、施工を容易に行う事が出来ます。
※硅砂無しタイプも可能です。

使用製品

ユニボンド3200HS

製品カタログ

ub-28のサムネイル
AOIプロテクトU工法

製品紹介一覧に戻る